>

地盤の固さの違いで

軟弱地盤でも

住宅メーカーによっては、建築予定の土地の地盤を、サービスで診断してくれることもあるようです。
それでなくても、地盤をチェック出来るサイトもあるそうです。
それらを活用して、建てる前に地盤の固さをチェックするのも大事です。

もし予定していた土地が軟弱な地盤だったとしても、土地改良工事によって、安全性を高めることは出来ます。

前章でご紹介した、布基礎とベタ基礎では、使用する鉄筋コンクリートの量から、布基礎のほうが費用が安いとする業者と、手間を含めて考えると、両者の費用に大きな差はないとする業者がいます。
意見は分かれるようです。

それに対し、土地改良に関しては、全く必要のない土地もあるし、大きな工事が必要な場合もあり、その差約30坪で200万という試算もあります。
土地改良工事を住宅基礎工事の一環と捉えると、工事の種類によって施工費用に大きな差が出るようです。

地盤の固さによって

地盤の固さによって、何種類かの工事があるようです。
言い換えてまとめれば、軟弱な表層の地盤に手を加えて、もっと下にある固い地盤まで住宅とジョイントさせる工事です。
固い地盤までの深さによって、方法が違います。

固い地盤までの深さが浅ければ、土地全体の土にセメントを混ぜて、軟弱な部分を強化します。
もう少し深ければ、固い地盤まで何本も穴を掘り、そこにコンクリートを流し込んで、コンクリートの柱上にします。

さらに深くなると、コンクリート柱でなく、鉄鋼の柱を埋め込みます。
深ければ深いほど、施工費用は高くなります。
場合によっては、土地改良に費用を掛けるよりも費用が掛からない別の土地に、という発想もあるかもしれません。


この記事をシェアする