>

新築の基礎工事

布基礎にも長所はある

住宅の基礎を築く工事には2種類あります。

布基礎は、大まかに言えば壁や柱の立ち上がり部分を、鉄筋コンクリートで固めて作る基礎です。
断面で見ると、アルファベットのTを逆にしたような形状になります。
多少住宅によって違いはありますが、壁や柱以外の、床の部分は砕石や防湿シートを敷いた上に、薄いコンクリートを打ちます。

この薄いコンクリートには、鉄筋が入っていません。
次にご紹介するベタ基礎では、床部分も鉄筋コンクリートで作るので、ベタ基礎ばかりを勧める業者もあるようです。

ただ考えようによっては、材料費からすると床に鉄筋を使わないぶん、布基礎のほうが費用が安く上がる可能性があります。
軟弱な地盤の土地に建てる場合には、布基礎を採用し、差額を土地改良に充てたほうがいい場合もあります。

ベタ基礎も万全ではない

壁や柱の立ち上がり部分、そして床まですっぽりと鉄筋コンクリートで作る基礎が、ベタ基礎です。

布基礎でもそうですが、なぜコンクリートだけでなく、鉄筋を入れるのでしょうか。
鉄は、引っぱりやねじれに強い素材です。
一方コンクリートは、上部からの圧力に強い素材です。
それらが合わさることで、住宅に適した強度を保つことが出来るのです。

ベタ基礎では、床まで鉄筋コンクリートで覆う為、地面からの湿気や害虫などを防ぐ効果が高いようです。
布基礎よりも鉄筋やコンクリートを大量に使用する為、頑丈そうです。
しかし万全ではありません。
例えば害虫などは、床下だけでなく、壁や窓から入ってくるかもしれません。

さらに、土地の地盤が軟弱ならば、基礎の強度の問題だけでは無くなってきます。


この記事をシェアする